「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Quartet Live


DIVAから番外編ですが、東京バーバーズ主催の Quartet LIVEに 新生Bellatrixの一人として参加させていただきました。

私は新入り、何もかも初めてでドキドキハラハラ、案の定、歌の途中で立ち位置を変えるのをすっかり忘れて、先生に腕を引っ張られました(^_^;)

会場からはあたたかい笑い声。
反省点だらけですが、YouTubeにUPしたので笑いたい時に聞いてください。
e0349026_21285156.jpg




https://youtu.be/xXkEvrNLbOU

https://youtu.be/q_7US6BAtc4




by K2_DIVA | 2015-10-20 21:14 | Comments(2)

Cornet Club

e0349026_2158177.jpg


コンペティションの最後に、「コルネット クラブ」という歴代のチャンピオンが勢揃いして歌声を披露してくれるステージもありました。全員がティアラ!の Queen☆達です。
今年は、Sweet Adelines の結成70周年ということで、
Sweet Adelines のメンバーになって50年以上のメンバー(30人くらい)や60年以上という方々も壇上で紹介されていました。拍手!!

歴代のチャンピオン勢揃いの中で
去年のチャンピオン Bling! が歌ってくれました。それを目立たないように録ったのですが、手が痛くなったりして揺れていささか船酔いビデオです。ごめんなさい。目を閉じて?どーぞ。





過去のコンペの映像も紹介されました。みなさんとっても楽しんでいらっしゃいました。
中には、80代かしら?と思われる上品な方の美しいソロもありました。Singing is good for health!




このビデオはちょっと長くて、7分あります。
by K2_DIVA | 2015-10-14 21:30 | Comments(0)
e0349026_23301388.png
e0349026_23314954.png

Speed of Sound です。古い写真ですが….


このチームは参加グループの中で最も遠距離グループなのだとか。
それゆえ練習は3-4週間に1度、週末に行うそうです。
クレイジーになっちゃわないように土曜日の夜は楽しいパーティを企画して、Saturday Night Slumber としているそう。(パジャマパーティですって!)^^

2012年は決勝に残れず12位。
2013年は初めてFinalに残り9位。
2014年には2位。
そして2015年、念願の1位でした。

1位になるとティアラをいただきQueenと呼ばれます。最高の栄誉です。そして1年の間、世界中にバーバーショップを広めるための活動をするそうです。

一番背が高い方のDadが有名なアレンジャー Larry Wright だそうです。彼女達のためにエッジの効いたアレンジをして下さるとか。
一人一人がとっても存在感があり楽しく美しく感動しました。
去年の歌ですが、聞いて下さい。



by K2_DIVA | 2015-10-14 01:14 | Comments(0)
私もまだよくわかっていませんが、
まずは、地区予選があります。
今年は5月末頃に開催されたようです。
地区予選の 1st place (1位)のチームは、翌年10月の決勝(世界大会)に出場します。つまりさらに1年半かけて準備するのです。
今年は、ラスベガスで決勝。
セミファイナルには約40組出場し、その中から10組が翌々日のファイナルへ進みます。

セミファイナルは2曲。たいてい、バラードとリズミカルな曲。
ファイナルは、その2曲と、さらに2曲、計4曲です。追加の2曲は、show tune と言い、barbershopの約束事を超えた 斬新な曲(一部にソロがあったり、ジャズっぼいコードだったり)なので、とても楽しいです。

また全体に、コミカルなものも多く、会場は湧きに湧いていましたが、私は残念ながら?でした。英語が…(*_*;)

応援もすごいです。イギリスから、スウェーデンから、オーストラリアから、カナダ、全米各地から。

本戦の間はビデオはNG。お見せできないのがとっても残念です。
まるで短いミュージカルのようです。
摩天楼の絵を描いた大道具がステージに立ったり、100人の人がマーチングバンドの格好をしたり大掛かりです。音楽の指導者以外に、振り付け、衣装、スクリプト、メンターなど専門科がたくさんいるようでした。

NGと言いながら、ほんの少し、Scottsdale Chorus の演奏を。



東京ドームのような大会場、ファイナルの日はさすがに超満員でした。
e0349026_22224190.jpg


by K2_DIVA | 2015-10-11 21:34 | Comments(0)

コーラスの優勝は

スコッツデール コーラス でした。
アリゾナのグループです。

言葉では表せない素晴らしさでした。
100人クラスの声の厚み、広がり、ハーモニー、表現力、すべてが想像をはるかに超えて、楽しかったです。


e0349026_21170144.jpg



e0349026_21123371.jpg



by K2_DIVA | 2015-10-11 16:01 | Comments(0)

練習風景

明日、決勝が行われるコーラスの中のひとつ、
San Diego chorus の練習を見学させてもらいました。
かなり細かい注意もあれば、メンタル的なこと、Energieよ!絶対一位を取る!と強い気持ちを持つの!など、ディレクターから指示がありました。
カリスマ的な指導者キムさんが、今回を最後に引退されるようで、熱いEnergieが伝わり、コーラスはどんどんパワフルになっていました。YouTubeです。





ところで、↓この写真は何だと思います?
全員が花嫁衣装で登場したチームです。愉快な歌でした*\(^o^)/*本番を終えて席に戻ったところです。

e0349026_17290226.jpg



by K2_DIVA | 2015-10-10 17:06 | Comments(0)
DIVAの皆様、こんにちは!
ご存知の通りラスベガスに来ています。
忙しくてなかなかUPできずにいました。

コンペティション、7日にカルテットのセミファイナル48組、8日にコーラスのセミファイナル34組が行われました。

そして本日9日にカルテットのファイル(決勝)が行われ、Speed of sound が優勝しました。

貴子Directorは、「思っていた通り!(^^)」とのこと。
まだよくわからない私も、いろんな要素すべてがAmazing!でした。圧巻。

こちらは↓去年の優勝グループ Bling

e0349026_16490280.jpg


去年のBling!の演奏です。


by K2_DIVA | 2015-10-10 16:29 | Comments(0)
来週、Barbarshop カルテット&コーラスの世界大会を味わってきます。


今から70年程前にアメリカで始まったBarbarshop Style のカルテット。最初は男声4人で...、そのうちコーラスもでき...、女声もでき….
ということらしいです。
日本には1978年に、一人のアメリカ人女性 Vickieさんが伝えて下さったそうです。Vickie さんは当時日本に駐在するアメリカ人の奥様で、昼間やることがなく退屈だったので何かないかしら?とアメリカにいる妹さんに聞いたところ、Barbarshop コーラスのことを教えてくれたそうです。そしてアメリカ人の駐在員の妻達で TOKYO Chorus を発足。最初はアメリカ人オンリーだったのが少しずつ日本人が加わり、年月とともにアメリカ人達は帰国し、日本人だけになったのだそうです。東京コーラスは去年結成35周年を迎えられたそうです。

と言われても、本場のそれは実際どんな感じのコーラスなのか?カルテットなのか?ほとんどの人はわかりませんよね。

私も4月にNYで、ラッキーな偶然の積み重ねで Silens of Gotham のコーラスを聞くチャンスを与えられるまでは正直よくわかっていませんでした。ところが聞いてびっくり、見てビックリ!こんな音楽形態があったの?それも声だけで!?魂が揺さぶられるような感動でした。
そしてその翌週、Silens of Gotham は、NY州とNJ州の地区の大会で1位を勝ち取り、世界大会への出場権を獲得したのでした。

今年の4月にNYで聞かせていただいた Silens of Gotham の演奏。
この1週間後に地区大会だったので、当日は本番の衣装にメイクでした。



世界大会?(*_*)
でも….一度は見てみたいな☆聞いてみたいな♪インターナショナルチャンピオンの演奏を。
ってことで、4人で聞きにいくことになりました。

会場は MGM グランドホテル&カジノです。

e0349026_20241929.jpg

by K2_DIVA | 2015-10-03 19:57 | Comments(0)