「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

6/24 レッスンでした!

きょうはお休みが多く、参加者は7名とTAKAKOディレクターでした。淋しかったです....emoticon-0106-crying.gif

JAVA JIVE
いとしのエリー

の音取りを最後までやりました。

先生がメール添付して送ってくださった新曲、
Irish Blessing は、リードパートだけやりました。

その後、4月のコンサートの3曲をサラッとおさらいしました。

前回の宿題、自分が呼ばれたいニックネームを考えてくる!が楽しかったです。お茶の時間にネームカードに書き、後半は胸に下げて歌いました。

今回お休みの方、次回までにどうぞ!ネームカードはこちらにあります。




お茶の時間には、2014年のインターナショナル大会でチャンピオンになった Lovenotes の演奏をYouTubeで楽しみました。
うっとり…



by K2_DIVA | 2015-06-24 19:55 | Comments(2)

発祥は…

e0349026_22540515.jpg


ノーマンロックウェルが描いた、床屋さんがお客さん達と自然にハモって楽しんでいるところ。これがバーバーショップカルテットの始まりだとか。
最初は男声4人だったのですね。

by K2_DIVA | 2015-06-23 22:53 | Comments(0)

ブログを始めます!

こんにちは!K2です。

アカペラの Barbershop Chorus DIVAの一員です。
といっても何だかおわかりにならない方がほとんどですね。

(以下、福家貴子コーディネーターのHPより)

Barbershop(バーバショップ)は19世紀に米国の床屋さんに集まる男性たちから自然発生したコーラスが起源です。今では多くの女性もバーバショップを楽しんでいます。そのスタイルは無伴奏(アカペラ)で歌う4部合唱。基本的に歌詞は英語です。私達は日本人が歌うバーバショップとして日本の曲をバーバショップにアレンジした曲も歌っています。

バーバショップのパート構成は独特です。円錐形サウンド(The Cone Shaped Sound)と呼ばれる方式で、上から2番目のパートであるLeadがメロディーを歌いTenorがメロディーより高い倍音、Bassがメロディーより低い倍音を歌ってBaritoneがその和音を完成させるというものです。 

Barbershopには一度その楽しさにハマると夢中になってしまう魅力があります。

まだ始まったばかりのコーラスです。現在は12人程。
水曜日の午後に福家貴子ディレクターを中心に楽しんでいます。
貴女もご一緒に歌いませんか!
これから少しずつUPしていきますね!


e0349026_2123689.jpg

by K2_DIVA | 2015-06-22 20:38 | Comments(0)